No alt
TRAVEL 旅行

2024.07.05

漁師を応援し、地域の笑顔を紡いでいく。
気仙沼市魚市場前の『鶴亀の湯・鶴亀食堂』

地方と都市を結ぶため、全国のローカルカルチャーにクローズアップする本サイト編集部員が、旅先で見つけた情報とその魅力をお届けするシリーズ企画。今回は、気仙沼港のすぐ目の前で漁師を応援する『鶴亀の湯・鶴亀食堂』へ、『唐桑御殿つなかん』リポートに引き続き、水風呂ちゃんとお邪魔しました。店長の加藤広菜さんご案内のもとに、その魅力をレポートしていきます。

漁師さんたちの水揚げに合わせ、朝7時から営業開始

JR気仙沼駅から車で約10分、気仙沼市魚市場のすぐそばにあるトレーラーハウス型の店舗集合型横丁『みしおね横丁』。施設内には、BARやメキシカン料理、沖縄料理、インドネシア料理、ラーメン店など、気仙沼でもここだけにしかないような個性的なお店が集まり、このひとつに『鶴亀の湯・鶴亀食堂』があります。
営業は朝7時より。地域で唯一、朝からやっている魚市場前の銭湯&食堂として、漁港の漁師はもちろん、地元の人から観光客までを、浜のお母さんたちがあたたくお出迎え。

早速“ゆ”の暖簾をくぐり、『鶴亀の湯』へ向かう水風呂ちゃん。こちらは中古のトレーラーハウスを改造した銭湯となっており、浴室の壁には、1976年に行われた「気仙沼みなとまつり」を描いたペンキ絵が掲げられ、海の安全と大漁を祈願する神棚も設置されています。
絵を見ながらのんびりと湯に浸かり、身体もぽかぽかに。船上で潮にまみれた海の男たちを癒す、彼らにとってのオアシスです。
※撮影のために水着を着用して入浴しています

漁師さんも食べにくる、獲れたて新鮮な魚定食

ひとっ風呂浴びた後は、お隣の『鶴亀食堂』にてランチタイム。いただけるのは、その時、その時期ならではの新鮮で美味しいお魚を使ったさまざまな定食。あたたかいスタッフさんに、魚のことや町のことを聞きながら、楽しく食事をする水風呂ちゃん。
なおこの日伺ったのは昼食時でしたが、朝食時にタイミングが合えば、その魚を獲ってきた漁師さんと同席し、普段聞けないようなお話が聞けたりも。そうした漁師と観光客が入り混じり、会話と笑顔が行き交う交流の場としても、町を盛り上げています。

この日オーダーしたのは、気仙沼港で水揚げされた新鮮なメカジキのカマ煮と、鰹のお刺身がセットになった〈よくばり定食〉。カマ煮は、何度もくり返し使用している“かえしタレ”が美味しさの秘訣。「まるで角煮のように脂がのっていて、食べ応え抜群です!」と水風呂ちゃんもご満悦。お刺身は、宮崎の鰹一本釣り船の方が使っているという甘口醤油〈カツオ船醤油〉でいただくのがおすすめ。加えて南三陸米で炊いたご飯はおかわり無料と、まさによくばり尽くし。

ほかにも、ふか(モウカサメ)の〈ソースカツ丼定食〉や、〈三陸めかぶと納豆の丼〉、〈日替わり定食〉などなど、ここでしか食べれない新鮮な魚料理が盛り沢山。入り口の棚にあるTシャツや漁師カレンダーなど、おもしろグッズもぜひ注目を!
※メニューは水揚げ状況や季節によって内容が変わります

日本一漁師を応援する町を目指して

あたたかいお風呂とご飯で漁師たちをもてなす『鶴亀の湯・鶴亀食堂』。目指すは、日本一漁師を応援する町。その背景には、2011年の東日本大震災での被災が大きく影響しています。
「元々は『亀の湯』という明治から続いてた銭湯が近くにあったのですが、被災後に一度再開するも、防潮堤工事により立ち退きを余儀なくされ廃業することに。以降、漁師さんたちが、陸に上がったときにゆっくり疲れを取る場所がなくなってしまいました。
そうした現状を変えるため、運営者の小野寺紀子と斉藤和枝、根岸えまの3人が、銭湯を作るプロジェクトを立ち上げました。右も左も分からない難しい挑戦だったと思いますが、地元の助成金や寄付金、クラウドファンディングなど、皆さんのご協力を得て、この『鶴亀の湯』を開業することができたんです。
ただ銭湯だけでは、経営が立ち行かなくなるのも明らか。そこで隣に食堂をつくり、漁師さんたちの疲れを癒すお風呂と一緒に、美味しいご飯も用意できたらと思ったんです」と、漁師を全力で応援する加藤さんたち。その想いには、漁師への多大なる感謝が込められています。
「気仙沼は、世界三大漁場のひとつである三陸漁場を目の前に持つ、日本有数の漁港です。現に気仙沼港で水揚げされるのは74,000トンにものぼり、全国からたくさんの漁船が入港しています。そうしたとてつもない量の魚を、漁師さんたちが命懸けで獲ってきてくれるからこそ、気仙沼という町は成り立っているんです。もしかしたら、この町だけでなく、日本の水産業まで支えている彼らを、私たち地元の人間が支えなきゃって」。
漁師さんに敬意を込めて開業した『鶴亀の湯・鶴亀食堂』。気仙沼が日本一漁師を応援する町になるよう、加藤さんたちは、日々奮闘しています。

笑顔を紡いでいく町への恩返し

鶴亀の一員として、全力で漁師を応援する店長の加藤さんですが、実は彼女は、他県からの移住者。それでも地域の人と同様に漁師をサポートするのは、町への恩返しなのだと語ります。
「元々住んでいた町で、少し心が苦しい時期があって。そんなときに気仙沼にいる兄から、来てみたら? と誘われたんです。なので最初は、ただ流れで来ただけだったのですが、現地でえまちゃんや漁師さんなど、いろんな人と話したり鶴亀でバイトをさせてもらったりしているうちに、心もなんだか軽くなっていて。そんなときにふと『移住しちゃえば?』と、みんながさも当たり前のように言うんですよ(笑)。でも私もそれを悪く思わず、結果、兄妹で気仙沼に移住してしまいました」。
また実際に移住してからも、現実とのギャップをあまり感じなかったとか。
「一部の移住者たちからは、交通手段が少ないとか、必要な物が手に入らないとか、生活の中での現実的な不便さ嘆く声もよく聞きます。でも私にとっては、それが特に苦しいことではなかったんです。確かに美容院も洋服屋も近くにはないけれど、それ以上にこの町には、人と人とのあたたかい交流がある。笑顔が行き交う嬉しさを、この町が教えてくれたんです」。

町の人から元気をもらったという加藤さんは現在、町の一員として漁師を応援し、町に恩返しをしています。そんな彼女の背中には「海と生きる」という、まるで今の気持ちを表わしているかのようなメッセージが。
加藤さんが働く『鶴亀の湯・鶴亀食堂』は、いつもさまざまな人の笑顔が行き交い、とてもにぎやか。そうした笑い声をどこまでも紡ぎ、気仙沼を元気にしています。みなさんも気仙沼にお越しの際は、心地いいお風呂と、美味しいご飯と、笑顔の会話で、元気をチャージしに行ってみてください。

鶴亀の湯・鶴亀食堂
住所:宮城県気仙沼市魚市場前4-5 みしおね横丁内 MAP
URL:https://kesennuma-tsurukame.com


Credit
Photo_Shuhei Nomachi
Text_Takuya Kurosawa
Edit_Satoshi Yamamoto


▼関連記事

SHARE

MORE

今週の

OMUSUbee

アイテム

特集

FEATURE

MORE

MORE

© HESTA LIFE ALL RIGHTS RESERVED.